握手している男性達

チェックする情報

オフィス

損害賠償金の一つとしてB型肝炎の給付金を国から受け取れます。条件があるのでそれを把握してから申請をしましょう。

非課税制度がさらに増える可能性も

相続税法に関する改正は毎年のように行われています。相続税に関する改正も多いですが、贈与税に関する改正もたくさん行われています。相続税を兄とするなら、贈与税は弟のような存在です。そのため、相続税の改正が増えれば、贈与税も行われるのです。 贈与税に関する改正で最近注目したいのが、特定の資金に充てるための贈与に関する非課税制度です。住宅購入資金や教育資金に関する非課税制度がすでにありました。しかし、最近になり、結婚資金や出産資金に関する非課税制度も生まれるようになりました。 平成27年になり相続税の大改正が行われました。これにより、相続税の負担者は増えることが予想されます。その増え具合によっては、贈与に関する非課税制度がさらに増えることも考えらえます。贈与税の改正に関するニュースはチェックするようにしましょう。

昔行ったものは対象になりません

税法に限った話ではありませんが、法律には法の不遡及というものがあります。分かりやすく刑法で例を見ていきましょう。 例えば、ある行為が犯罪となり、処罰の対象となったとします。では、その法律ができたことを知らずにしてしまった場合、どうなるでしょうか。これは処罰の対象となります。法律ができてるのですから、知らなかったではすまされないのです。ですが、法律ができる前は別です。知りようがないので、処罰するわけにはいかないのです。 相続税や贈与税に関してもこれは言えることです。新しい優遇制度に関する法律ができても、できる以前に要件を満たしていたのでは適用対象外です。 大事になるのは、やはりニュースをチェックすることです。改正の動向をよくチェックし、贈与すべきタイミングを見計らいましょう。

人間はいつ病気になってしまうかわかりません!旅行保険なら海外にいても安心することができるでしょう。気になる人はこちらです。

優遇される

裁判

数々の制度がありますが、相続をする身をしてやはり、相続税法の優遇制度は見逃したくないでしょう。節税効果が期待出来ますし、負担も少なくなりますから今後相続をする機会があるときに重宝します。

注意すべきこと

弁護士

いろんな場面で税金が取られますが、相続税も仕方ない出費なのかもしれません。また、発生していることに気づかず申告を忘れる人が続出しているのも事実で漏れないように予め期限を知っておくことも大事でしょう。

対策をする

お金

生前贈与は相続税の節税につながります。また、相続人以外にも財産を渡しやすいということで、多くの方に利用されている節税対策です。ですが、贈与税が発生するということを忘れず、そのための対策もきちんと行う必要があります。